「くの一サロン 忍者屋敷」(^ω^;)

ようするにピンクサロン、略してピンサロ。

このあまりにも突き抜けたセンスに衝撃を受けた私は
今夜の宿をとったあと、さっそく突入することに……。

店に入ると、痩せたお婆さんが出迎えてくれた。
入場料2000円手渡し、忍者屋敷の奥へと案内された…。

店内は薄暗く、雑然としており、申し訳程度の仕切りがあった。

そして至る所に昭和風味の広告、照明にもなる看板、置物、観葉植物。

もうとにかく、昭和の日本!!

まるでタイムスリップしたような気分に…。

ひとつのテーブルにつくと、飲み物を出され、
なぜか案内のお婆さんが対面に座った。

(なぜだ?なぜ座る…?)


疑問に思いつつも、お婆さんは「どこから来たの?」
「ひとり?」など質問してくるので反射的に答えていると、


20分くらいは過ぎただろうか、


お婆さんが、


(・´з`・)「どうする?○○○○円でサービスあるけど?」

Σ(゚Д゚;)「ええっ!?婆さんがっ!?」

(記憶は定かではないが確か6000円~8000円くらいだったように思う)

(・´з`・)「やだねェ、若い子だよ(笑)」


(´ε`;)「…そっか、良かった(ふぅ)」

数千円支払うと、お婆さんと入れ替わりに
肉感的なお姉さんが対面ではなく私の左に座った。


年の頃は40代前半から半ばくらいか…、

直前までお婆さんを見ていたせいか、ものすごく若くて美人見える。


これが忍法か!!お婆さんの忍法か!!

【下ネタ注意】「くの一サロン 忍者屋敷」 - 黒ウサギの庭 - Yahoo!ブログ (via twinleaves)

そのお姉さん、婆さんが変装してるんだよ

(via tamejirou)

(via obakehouse)

577 notes
恋人募集中 くさり付き裏ボタン - 学生専科エース 
egosumdeus:

Pete Townshend & Keith Moon
youngseoulrebels:

Happy Birthday to Mr. Bruce Foxton!!