corporalsteiner:

ホクロでわかる・スターの性格 鑑定 宇佐見斎
miyabichan:

小松菜奈
jbinjapan:

Flexipop! #27 (February, 1983)
food-calenra:

フレンチトーストについて| ウーマンエキサイト みんなの投稿
1、たっぷりの牛乳卵液にひたすこと! 教室は厚切り(教室は超熟4枚切り)2枚(8きれ) に対して、卵2こ、牛乳1カップ使います。 左の写真のように最初吸いきれない液がありますが 1時間~半日おいておくと、パンを上げても たれないほど十分吸ってくれます。
2、また、上記のように、しっかりと液を吸わせるため 浸す時間は1時間ほど必要です。 教室は室温で40分。もうギリギリ。 私は、夜ビニール袋に仕込んで、朝焼きます。 途中で天地返すのも大事ですね。
3、焼くのもじっくり。  バターが解けたら、もうパンを入れて、蓋をしてじっくり弱火で10~15分ほど 蒸らすように焼きます。最初のパンの厚みを超えるぐらいまで、 卵が十分膨らむまでゆっくり焼くことが大事です。上の写真は焼き上がり。 ふくふくのフレンチトーストが焼きあがります。 パンの焦げ目は好みですが、うっすら焦げ目がついたほうがおいしいかなと思います。